厚生連労組とは

はじめに「新潟県厚生連」とは

 1948年(昭和23年)に新潟県農業会が解散し、新たに新潟県農業共同組合連合会が設立され、生産連(新潟県生産農協連)厚生部の病院となりました。1951年(昭和26年)には生産連が病院部門を抱えたまま指導連(新潟県指導農業連)に移行しました。
 同1951年の8月に厚生連が医療法に定める公的医療機関に指定され、翌年の1952年(昭和27年)3月に独立して発足した組織が新潟県厚生連です。

そして「新潟県厚生連労働組合」とは

 新潟県厚生連労働組合は、新潟県厚生連に所属する職員のための労働組合です。新潟県厚生連が1952年(昭和27年)に独立し発足した同年5月に私たち厚生連労組も誕生しました。
 厚生連労組は、厚生連の協同組合としての生い立ちを忘れず、新潟県の地域医療とそこで活動する厚生連職員の雇用を守るために活動を続けています。


厚生連労組については下記もご覧ください。

理念・指針  組織構成  歴史・あゆみ